Swift, Swift4, Xcode, Xcode10

Alamofireを使ってAPIからJSONを取得する(Swift4.2)

古い記事(Swift3)はこちらAlamofireを使ってAPIからJSONを取得する

# Xcode 10.1
# Swift 4.2

swiftの有名な通信ライブラリであるAlamofireとこれまたSwiftで有名なJSONを扱うライブラリであるSwiftyJSONを使って、 お天気APIから情報を取得するサンプルです。
今回のサンプルでは非同期でJSONを取得し、アラートを表示します。
ATS の設定も必要なのでお忘れなく。

作成者: カビゴン

カビゴンが大好きなプログラマーです。 iOS,Androidアプリを作っています。 詰まったことなどをつらつらと書いて行きます。

Alamofireを使ってAPIからJSONを取得する(Swift4.2)”への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください