Skip to content

Alamofireを使ってAPIからJSONを取得する

   


新しい記事(Swift4)はこちらAlamofireを使ってAPIからJSONを取得する(Swift4.2)

swiftの有名な通信ライブラリである Alamofire とこれまたSwiftで有名なJSONを扱うライブラリであるSwiftyJSONを使って、お天気API から情報を取得するサンプルです。
今回のサンプルでは非同期でJSONを取得し、アラートを表示します。

関連記事

  1. delegateで別のViewからメソッドを呼び出す
  2. Swiftでクラス名と関数名と行番号を取得、表示する
  3. UIImagePickerControllerで画像の選択
  4. Swiftで音楽を再生する
  5. Array(Ruby)
  6. UIStatusBarを白くする
  7. UITableViewとUISearchBar