Skip to content

SwiftでUITestを導入(Swift4.2)

   


プロジェクトにUITestを追加します。
プロジェクト作成時に作らなかった場合は以下の画像の手順で追加することができます。

@testable import Swiswiswift(Swiswiswiftはプロジェクト名) と書くことで、テストクラスの中から参照できるようになります。
関数名の頭にtestと付けることで、テストとして実行できるようになります。

関連記事

  1. UITableViewでテーブルにアイテムを表示(Swift4.2)
  2. NavigationControllerで画面遷移を行う(Swift4.2)
  3. NavigationControllerのRootを切り替える(Swift4.2)
  4. ImagePickerControllerで画像を選択する(Swift4.2)
  5. Function(Swift4.2)
  6. Array(Swift4.2)
  7. Print(Swift4.2)