Skip to content

Swiftで仮引数を持つイニシャライザをスマートに書く

   

Swiftで仮引数を持つイニシャライザをスマートに書く方法です。 仮引数がついたイニシャライザをもち、イニシャライズ時の値を定数として保持する Struct を作る時、private(set) var name = “snorlax" を使うと短くスマートに書くことができます。 プロパティが増えてもイニシャライザを編集する必要が無くなります。

関連記事

  1. UIAlertControllerでアラートを表示する
  2. SwiftUIのPreviewを横向きにする
  3. Buttonからプッシュ遷移をする(NavigationLinkを無効にする)
  4. SwiftUIでNavigationBarを隠す
  5. UIGestureRecognizer でジェスチャーイベントを取得する
  6. UIPickerViewを使って値を選択する
  7. iPadでモーダルのサイズを取得する