iOS, Swift, Swift4

UserDefaultsを使ってパラメーターを保存する。

UserDefaultsはアプリを落としても保持しておきたいデータを保存するときに使います。
使い方はいたってシンプルです。
サンプルコードでは、まず最初にuserDefaults.register(defaults: ["KEY_LabelText": "Hello"])で初期値を設定しています。
.register()はとても便利で、指定したキーに対応するデータが存在しない場合に、初期値を入れてくれます。
次にラベルにUserDefaultで保存した値を読み取り、ラベルのテキストに反映。
そしてボタンを押されたらuserdefaultsとラベルの値を更新しています。

作成者: カビゴン

カビゴンが大好きなプログラマーです。 iOS,Androidアプリを作っています。 詰まったことなどをつらつらと書いて行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。