iOS, Swift, Swift4

SafeAreaを取得する

iPhoneXが登場したことで、iPhoneXのレイアウト(SafeAreaの取得)には気を使うようになりました。
SafeAreaはviewDidLayoutSubviews メソッド内で、safeAreaInsets プロパティを参照することで取得することができます。

作成者: カビゴン

カビゴンが大好きなプログラマーです。 iOS,Androidアプリを作っています。 詰まったことなどをつらつらと書いて行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください