Skip to content

Dockerを使ってPostgreSQLを立て、テーブルを作成する。

   


Docker を使って PostgreSQL を立てる方法です。
開発環境を Docker をで立てて整備すると自分のローカル環境を汚さずに済むのでとても良いですよね。

postgres-Docker Hub

以下のコマンドで、ローカルの 5432ポートに postgres11 を立てることができ、kabigon というユーザーでログインすることができます。(パスワードはpassword)
また pokemon というデータベースも同時に作られます。

$ docker run -d -p 5432:5432 -e POSTGRES_USER=kabigon -e POSTGRES_PASSWORD=password -e POSTGRES_DB=pokemon postgres:11
$ psql -h localhost -p 5432 -U kabigon -d pokemon



ログインができたら \l コマンドでデータベースの一覧を表示し、pokemon データベースが表示されていることを確認します。

また docker-entrypoint-initdb.d.sql を置くと初期化時に実行してくれます。 初期テーブルなどを作りたい時に便利です。
initdb ディレクトリ の中に setup.sql を作成し、ディレクトリをマウントすることで、コンテナ初期化時に .sql が実行されます。

create table pokemon
(
  id int8,
  name varchar
);

create table pokemon_gym
(
  id int8,
  area varchar
);
$ docker run -v $PWD/initdb:/docker-entrypoint-initdb.d -d -p 5432:5432 -e POSTGRES_USER=kabigon -e POSTGRES_PASSWORD=password -e POSTGRES_DB=pokemon postgres:11
$ psql -h localhost -p 5432 -U kabigon -d pokemon
pokemon=# \d
List of relations
 Schema |    Name     | Type  |  Owner  
--------+-------------+-------+---------
 public | pokemon     | table | kabigon
 public | pokemon_gym | table | kabigon

pokemonpokemon_gym テーブルが作成できていることが確認できました。  なかなかうまくいかない場合はコンテナの中に入って docker-entrypoint-initdb.d の中に .sql があるか確認すると良いかもしれません。

$ docker ps
$ docker exec -it 9dfa9b7caa7f bash

おまけ

docker-compose で立てる場合です。

version: '3'

services:
  postgres:
      container_name: my-postgres
      image: postgres:11
      ports:
        - "5432:5432"
      environment:
        - POSTGRES_USER=dev
        - POSTGRES_PASSWORD=password
        - POSTGRES_DB=dev
      volumes:
        - ./postgres/initdb:/docker-entrypoint-initdb.d
.
├── docker-compose.yaml
└── postgres
    └── initdb
        └── setup.sql
$ docker-compose up -d --force-recreate

関連記事

  1. SSH で入ることのできるDockerイメージ(CentOS7)
  2. SSH で入ることのできるDockerイメージ(CentOS6)