Skip to content

iPhoneアプリのプログラミングの勉強法

   


「iPhoneアプリを作るには何から勉強したらいい?」と友達にちょくちょく聞かれるのでオススメの勉強法をまとめてみました。
iPhoneアプリの勉強方に王道が無いと思いますが、良かったら参考にしてください。

1.書籍で勉強する
まずはじめに書籍で勉強することをオススメします。
Webページは見返すことが難しかったり、情報が古かったりすることが多いので、やはり初めに書籍を写経することを勧めます。
最近の本はどれも良い本なので、どれを買っても良いと思いますが、以下の本が特にオススメです。
また、書籍は環境に合わせたもの(可能であれば新しいもの)を買ってください。
Swift4でだいぶ落ち着いてきたのですが、Swiftの書き方とXcodeのUIはバージョンでだいぶ異なります。
初めてXcodeに気をつけてください。

2.アプリをリリースしてみる
「いきなりかよ!」と思うかもしれませんが、書籍で勉強したらアプリをリリースしてみることをオススメします。
初めてのアプリなので、本当に簡単なもの、書籍のアプリを少し手を加えたものを作り、リリースします。(実際にリリースしなくても審査には出す)
あまりに簡単なアプリは審査でリジェクトされてしまうので、一捻りを加えたアプリを出しましょう。
開発者の登録や、審査など苦しむことも多いですが、とても勉強になります。
「こういう機能はどうやって実現したら良いの?」みたいな質問は大歓迎です。
気軽にコメント欄にご記入ください。(ブログのネタ不足で困っています。。。)

3.Cocoa Podsを覚える、ライブラリを使う
iOSアプリ開発用にPodsと呼ばれるライブラリ管理ツールがデファクトスタンダードです。
gemやnpmやHomeBrewに近いのかもしれません。
ライブラリを入れるとカッコいいUIが簡単に作れたり、通信周りの処理が楽になったりします。

何か参考になりましたら幸いです。

関連記事

  1. UserDefaultsを使ってパラメーターを保存する
  2. UIPickerViewを使って値を選択する
  3. 一定時間で繰り返しを行う
  4. カスタムレイアウトを持つコレクションビューをつくる
  5. SwiftでUDP通信を行い、文字列を送る
  6. Swift3からSwift4への移行時に出る@objc inference warningsを消す
  7. UIScrollViewで画像をピンチで拡大したり縮小する