Skip to content

アプリ使用中に位置情報を取得する

   


#Swift 4.2

アプリ使用中に緯度と経度を取得するサンプルコードです。
端末の緯度と経度が変わるとラベル文字列が更新されます。

参考
[iOS] 位置情報の取得 (Swift3編)
【CoreLocation】位置情報を取得する

LocationManagerを使用する場合は、「位置情報を利用する目的」をInfo.plistに記載する必要があります。

起動中のみ位置情報を取得する場合

NSLocationWhenInUseUsageDescription
このアプリは、マップで道案内するため、位置情報を取得します

常に位置情報を取得する場合

NSLocationAlwaysUsageDescription
åこのアプリは、移動距離取得のため、常に位置情報を取得します

位置情報が変更されるとラベルに文字が表示されます。

alt

関連記事

  1. Lifesumアプリのインタラクションが素敵だったので再現してみた
  2. 押すとクニュっとするボタンを実装する
  3. SSH で入ることのできるDockerイメージ(Ubuntu14.04)
  4. Alamofireを使ってAPIからJSONを取得する(Swift4.2)
  5. Xcode10でプロジェクト名を変更する
  6. グループスタイルのTableViewを作成する
  7. SafeAreaを取得する